ED治療薬のはたらき | 圧倒的な効果持続時間がありがたい!シアリスを使ったED治療

圧倒的な効果持続時間がありがたい!シアリスを使ったED治療

ED治療薬のはたらき

薬を服用する男性

本来であれば、外部から性的刺激を受けることによって脳の中枢神経が刺激され、興奮状態になります。
これによって全身の血流が活発になり、ふだん以上に血液が流れるようになります。
ペニスにも血液がふだん以上に流れることになるのですが、その際、ペニス内部にある海綿体へ血液が浸透し、膨張します。
この海綿体の膨張がペニス全体の増大や硬化につながり、勃起した状態になるのです。
性的興奮がおさまるとPDE5という物質が生成され、この物質が血液の流れを抑制してくれます。
仮にこのPDE5の生成がなければ、男性は性行為が終わったあともずっと勃起した状態という恥ずかしいことになってしまうのです。

しかし、本来なら欠かせないはずのPDE5という物質が、常時、そして過剰に生成されてしまうと大きな問題になってしまいます。
性的刺激を受けても血流が抑制されてしまい、ペニスに充分な血液が流れなくなってしまうのです。
当然海綿体が膨張することはなく、結果、ペニスが勃起しなくなってしまうのです。
これがEDの仕組みになります。

PDE5が過剰に生成されてしまう原因として考えられているのが、日々のストレスや乱れた生活習慣です。
そのため、どんな男性でも起こりうる症状となっていますし、年齢や時期に関係なく、いつ起こるかわからないのです。
ED治療薬の効果は、このPDE5のはたらきを抑制し、ペニスへ再び充分な量の血液が流れるようサポートすることです。
あくまでもペニスが再び勃起できる状態に戻してくれるだけの医薬品ですので、ED治療薬そのものに興奮作用などは含まれていません。
ED治療薬を服用したとしても、性欲が急に高まったり、勝手に勃起するということはないのでご安心を。